「ゴーヤ茶」の簡単な作り方や効能、おすすめの飲み方まとめ

ゴーヤー茶 効能
沖縄のイメージがある「ゴーヤ」には、実は驚くべき効能がたくさんあるんです!!

しかし、ゴーヤって苦いイメージがあるので「たくさん食べるのはちょっと…」と二の足を踏んでしまう人も多いようです。

そこでオススメなのが【ゴーヤ茶】!お茶にすることで飲みやすくなっていますし、しっかりと効能も反映されるので、今 注目を集めています!!嬉しい効能は後半でチェック!

スポンサーリンク

ゴーヤの成分と栄養について

ゴーヤ 栄養
まず、ゴーヤにはいったいどんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
  • ビタミンC
  • カリウム
  • モモデルシン
  • リノレン酸
主な成分は上記の通りです。特にビタミンCは100g中76mgも含まれているんですよ。キウイよりも多いんだそうです。

また「モモデルシン」というちょっと変わった名前のこの成分は、ゴーヤの苦味成分です。血糖値の上昇を抑える効果があるんですよ♩

ゴーヤ茶の効能とは?

ゴーヤ茶の作り方
健康によいお茶であるゴーヤ茶はいろいろな効能があります♪ゴーヤ茶はビタミンが豊富で美肌にとても良く、カリウムの多さが血圧の降下作用を生み出すことでも知られています。

また、ダイエット成分であるリノレン酸を多く含んでおり、ダイエット効果も期待できるお茶ともいえます。そして、インシュリンに似た成分を持っているので血糖値を下げる効果があることもわかっているんです♪

血圧や血糖値を下げる効果がある理由とは?

血糖値を下げる
ゴーヤの苦味成分である「チャランチン」や「モモルデシン」は血糖値を下げる効果があると言われています。食事の際にゴーヤ茶を取り入れる事で、食後の急激な血糖値の上昇を抑える事ができます。

しかし、カリウムが豊富に含まれているので腎臓病などカリウムの摂取量を制限している人は飲みすぎない様に注意しましょう。

また、高血圧の原因が塩分の摂りすぎです。ゴーヤ茶には緑茶の4倍ものカリウムが含まれているので、血液中の余分に含まれた塩分をカリウムが排出してくれます。高血圧が気になる人に是非このゴーヤ茶はおすすめです。

多くの芸能人も愛飲しているみたいなので効果は期待できそうですよね。お試しください。

病気の予防にもおすすめ!

ゴーヤ茶の効能
蛋白MAP30という成分がゴーヤ茶には含まれておりナチュラルキラー細胞を活性化させることでガン細胞が増えていくのを抑えてくれる働きがあるのです。まさにゴーヤ茶は健康のためにあると言っても過言ではないお茶であるといえるのです。

毎日、ゴーヤ茶を飲んでいたら病気知らずの生活をしていくことも可能となるかもしれません。カフェインも含まれていないので子供でも飲むことが可能ですし、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんでも安心して飲むことができます♪

ゴーヤ茶の作り方や保存方法は?

ゴーヤ茶の効果・効能をご紹介しました!こんなに健康効果があるなら、毎日でも飲みたいですよね!ゴーヤ茶は自宅でも簡単に作れるので、さっそく作り方をご紹介したいと思います。

【動画】


<作り方>
  1. 初めにゴーヤの下処理をします。ゴーヤを縦半分に切ってタネとワタを取り除きます。※この時ワタからタネを取り外しておいてください。
  2. タネとワタを綺麗に取り除いたら、ゴーヤを薄くスライスします。幅は1mm程度で。
  3. 大き目のお皿にゴーヤと、種が重ならないように広げて2日間天日干しにします。
  4. 乾燥させたゴーヤを、油をひかない状態で香ばしく香りがするまで乾煎りさせます。
  5. 炒め終わったら急須に入れて熱湯を注いで出来上がりです。5分ほど成分を抽出してから飲むといいでしょう。

■電子レンジでの作り方

【材料】
  • ゴーヤ 1本
【作り方】
  1. ゴーヤは縦半分に切り、ワタをスプーンで取り出す。
  2. 1~2mm幅の薄切りにする。
  3. クッキングシートに(2)を並べて、電子レンジで5分加熱。裏返してさらに5分加熱。
  4. フライパンに加熱したゴーヤと種を薄い茶色になるまで乾煎りし、粗熱が取れたら完成。

■オーブンでの作り方

電子レンジと工程はほぼ同じです。

ワタを取って薄く切ったゴーヤを天板に並べます。種も並べてOK!そして100~120度と低温に設定したオーブンで1時間焼いて完成です。途中ひっくり返してくださいね。

乾燥が足りなければ焼き時間を追加してください。

残った乾燥ゴーヤの保存方法

粗熱が取れてから保存袋に入れてください。温かいままだとせっかく乾燥させたのにまた湿気てしまいます。なるべく密閉出来るものに入れて保存しましょう。

残った乾燥ゴーヤは湿気を吸わないように、ジップ付の袋に入れて保存するといいでしょう。

飲み方や飲むタイミングはこちら

ゴーヤ茶 飲むタイミング
せっかく飲むなら効果的な飲み方が知りたいですよね♪ぜひ参考にしてみてください。

<飲み方>
急須にゴーヤ茶を入れて熱湯を注ぎます。そしてそのまましばらく抽出させます。2分~5分、お好みの濃さに抽出してください。時間が長いほど栄養成分が溶け出しますよ。

やかんで煮出す場合は2リットルに対して茶葉は15~25gが目安です。沸騰して5分煮出してください。

<飲むタイミング>
ゴーヤは野菜なのでいつ飲んでも問題ありません。食前、食後、運動前後などいつも飲んでいるお茶と同様でOKです。

カフェインの含有量について

ゴーヤ茶はノンカフェインです。小さい子供からお年寄りまで安心してお召し上がり頂けます。妊婦さんなどカフェイン摂取が気になる人にもおすすめですよ。

苦味が気になる場合は冷たくすると飲み易くなるようです。

ゴーヤ茶の口コミはこちら

ゴーヤ茶の口コミ
ゴーヤの効能はよくわかりました♪でもやっぱり気になるのが『味』ですよね。ゴーヤの独特な苦みが苦手という人も多いのでは?ここでは、ゴーヤ茶の口コミをご紹介していきます。

★『ゴーヤはどちらかというと苦手ですが、麦茶や緑茶、ドクダミ茶と混ぜて飲むことで、飲みやすくなります。』

★『ゴーヤ茶はウーロン茶を濃くしたような味なので、人によっては苦手な人もいるかも?でも、慣れたら その苦みが病みつきになります♪』

★『代謝が良くなって、お手洗いに行く回数が増えましたが、身体がデトックスされていると思うと嬉しいです!』

★『血圧が気になりだしたのでゴーヤを摂取しようと思いましたが、冬にゴーヤを手に入れるのは難しいし、苦みが苦手な私…。通販でゴーヤ茶を見つけ、それを飲んでいます。ブレンドして自分好みの味にしているので、これなら続けられそうです♪』

★『ゴーヤ茶ですが、考え方によっては ほうじ茶に近い感じもします。ゴーヤの味もそれほど気にならず、料理にも合います。』

いかがでしたか?やはりそのまま飲んでいる人より、他のお茶とブレンドして飲んでいる人のほうが多いようですね♪苦みが大丈夫な方にはお勧めです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする