【テンペ菌発酵茶】 効果や飲み方、副作用とは?

テンペ菌発酵茶の効能

インドネシアの伝統的な民間療法として、【テンペ菌発酵茶】というものがあります、テンペ菌というのは、あまり聞き慣れない菌の名前ですが、ハイビスカスの葉で生きている菌を培養させて、茶葉の発酵に使ったのがテンペ菌発酵茶ということになります。

スポンサーリンク

テンペ菌発酵茶の効能・効果

大豆のテンペ菌発酵茶

テンペ菌発酵茶の効果としては、食事をした時に上昇する血糖値を抑えてくれるのです。糖尿病、あるいは糖尿病予備群の人は、血糖値が上がることで、動脈硬化や血栓などのリスクが生じるわけですが、それがテンペ菌の働きで解決する事ができます。また、使用する茶葉の種類によって、更に効果を付け加える事が可能です。

例えば、健康食品としてよく知られている柿の葉を茶葉として使えば、含まれているルチン・タンニンの力で血管壁が強化されていきます。血糖値が上がることで、引き起こされる現象として、糖により血管の細胞が損傷することが挙げられます。

つまりテンペ菌の効果で、全ての原因である血糖値を下げると同時に、ルチン・タンニンで血管を強くする事ができれば、よりその効果は何倍にも高まるのです。

飲み方や副作用について

テンペ菌発酵茶の副作用

市販されているテンペ菌発酵茶は、スティックに入った顆粒タイプです。飲み方としては、1日に数包をお湯あるいはお水に溶かして飲めばいいだけです。薬などは、飲むのを忘れることが多いですが、お茶であれば食後の一服を緑茶からテンペ菌発酵茶に切り替えれば、長く続ける習慣に出来ます。副作用に関しては、特にないので安心して飲めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする