【南雲吉則流健康法】ごぼう茶の作り方を紹介

ごぼう茶の作り方

南雲吉則流健康法といわれている、ごぼう茶の作り方を紹介します。南雲医師が作るごぼう茶の作り方は、いたって簡単です。

スポンサーリンク

ごぼう茶の作り方♪

⇒ ごぼう茶の紹介動画

まず、国産のごぼうを皮つきのままタワシで水洗いします。その後、皮むき器で皮ごとささがきにして流水で洗います。そうしたごぼうを新聞紙に広げて天日で2~3時間干します。後は、天日干ししたごぼうをテフロン加工のフライパンで、とろ火で10分間ほど乾煎りすれば、できあがりです。ごぼう茶は、きゅうすに入れて飲むとよく、好みの濃さに調整します。3分ほど蒸らすと美味しく頂けます。

ごぼう茶で南雨吉則流健康法

ごぼう茶の効能

南雲吉則は、普段はナグモクリニックでガンの専門医として活躍しています。抗がん剤などを用いて治療をしているのですが、患者さんの副作用をいかに軽減し、再発をいかに減らすかを考えて考案したのが、南雲吉則流健康法のごぼう茶なのです。南雲吉則は、自ら考案したごぼう茶を飲むことで、20キロ近く体重の減量に成功しています。

ガンにどれだけ効果があるかはわかりませんが、肌が若返り、カラダの冷えやむくみを改善できる効果は、自ら実証しています。あなたも、始めてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする