【クマザサ茶】効能や効果は?簡単な作り方

熊笹茶の作り方

クマザサ茶の効能や効果は、どのようなものかというと、まずバンフォリンという成分が免疫力の向上に役立つと言われています。クロロフィルも多く含まれているので、コレステロールや血圧を下げたり、貧血改善、整腸作用、抗ガン作用などに効果を発揮してくれますし、皮膚病や切り傷などの効能もあります。

スポンサーリンク

老化防止にも効果的!

クマザサ茶の効能

クマザサには、ミネラルやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、フラボノイド、必須アミノ酸、植物繊維などの成分がバランス良く豊富に含まれているので、様々な効能が期待できます。最も大きな効果は抗菌作用で、風邪の初期症状や胃腸炎などにも効果があります。抗酸化作用も強いので、疲労回復効果や老化防止効果なども期待できます。

クマザサ茶の作り方

クマザサ茶の効果

クマザサ茶の簡単な作り方は、上の方の黄緑の新しい葉を採り、6~7枚重ねて真中から縦に裂くようにします。そしてそれを重ねて1~1.5cmくらいの大きさになるよう、ハサミで切ります。後は、それをなるべく大きなフライパンか鍋で、煎るだけです。これで簡単に、クマザサ茶が出来上がります。

二握りほどを1.5リッターのヤカンで煮出すとよく、冷たく冷やして飲んでも美味しく頂けます。時間がたっても味は変わらないので、保温ポットに入れておくと1日中いつでも飲むことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする