グァバ茶の効能や効果はこちら

グァバ茶の副作用

グァバ茶は葉と果実の皮を乾燥させ煎じるという方法で作られています。そのため、ビタミンCやビタミンA、ミネラルにタンニンなどが多く含まれています。これらの栄養素には抗酸化作用や殺菌作用や免疫を強化する作用などが認められれます。これらの有効な栄養素を含んでいるグァバ茶は以下の様な効果や効能があります。

スポンサーリンク

グァバ茶の効果や効能!

グァバ茶の効果

一つは糖尿病を予防するという作用で、グァバ茶に含まれているタンニンやケルセチンの働きが血糖値の上昇を防いでくれます。また、タンニンが持つ抗酸化作用の働きによりガン細胞の発生を抑える作用があるということもわかっています。

また、グァバ茶に含有しているケルセチンは脂肪を排出する働きがあり、これにより血中コレステロール値が下がる効果を期待することができます。

お茶の効能

お腹を壊している時にもグァバ茶は有効です。タンニンの働きにより殺菌効果があるので下痢を止めるという効果が認められるのです。これら以外にも、グァバ茶の効能としてはアレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎などの改善にも効果が期待できることもわかっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする