笹の葉茶の効能や効果は?作り方紹介

笹の葉を使ったお茶

笹の葉茶は、多くの病気予防の効能が期待できるお茶です。のどに良い効能があったり、身体の熱をとる効果もあります。笹の葉茶を夏の暑い日や、風邪を引いて微熱がある時に飲むと、熱が下がり体をすっきりさせてくれます。特に、のどの排毒作用があるのでタバコをよく吸う人におすすめなんです!

スポンサーリンク

笹の葉の効能や効果について

笹の葉 効果

笹の葉茶には、解熱作用や解毒効果、炎症を抑える効果、がん細胞の活性を抑制する効果があります。また、精神を安定させる効果あるので、不眠症や神経衰弱の人にもおすすめできます。血糖値や血圧を下げ、体重を増やすことで、心臓を丈夫にしてくれます。

このように、笹の葉には様々な病気を予防する効果があるのです!

笹の葉茶の作り方を紹介♪

笹の葉茶の作り方

笹の葉茶の作り方は簡単です。クマ笹の葉を奇麗に洗い、そのままヤカンに入れて煮出すだけです。普通のお茶のように、摘みたてのクマ笹の葉を茶葉のように鍋で炒り、それを煮出す方法もありますが、いずれの方法でも簡単に作ることができます。

笹の葉茶は、緑茶とは違った風味があります。萌えるような草の香りがあり、番茶に少し苦味を加えたような味なのですが、あっさりとした飲み口になっていますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする