カテキン緑茶の副作用とは?肝臓にも良い?

カテキン緑茶の副作用

カテキン緑茶は、肝臓にも良いと言われています。高濃度のカテキン緑茶を飲むことによって、体内の脂肪が減少をして、肝機能の改善も見られたという研究結果も発表されています。飲酒でのアルコールの成分のみではなく、脂肪やタンパク質、そして糖質までも、まるごと代謝することが可能となります。

スポンサーリンク

カテキン緑茶が肝臓にもいい

カテキンの作用

活性酸素がたくさん発生するのが肝臓であり、カテキンを順調にそこへ届ければ、肝臓の代謝機能は格段にアップすることになります。こうしたことからも、食事は濃いお茶を一緒に飲むことで、肝臓を上手にいたわりながら、効果的なダイエットにもなると言われています。カテキンは肝臓をケアしてくれますし、実はダイエットにも良きサポートとなるわけです。

⇒ 他にもさまざまな効果が…!


副作用や正しい飲み方は?

緑茶の飲み方

だからとって、1日を通して闇雲に飲むことは控えたほうがいいです。副作用もないわけではないためです。カテキン緑茶の副作用としては、飲み過ぎると腹痛や吐き気を感じることがあります。カフェインの利尿作用がありますので、飲みすぎた場合は体の水分が失われていきます。そうなると、脱水症状を引き起こすので危険です。眠る前に飲むと、不眠を招いてしまう為に、良い眠りには付きにくくなります。

基本的には健康に良い成分が多く含まれますので、適量を日中に飲むというのが、賢い飲み方になります。これは緑茶に限らず、健康のためには何事も、量をわきまえる必要があるということです。健康のために飲む緑茶に関しても、ほどほどにするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする