黒ウーロン茶の効果や効能!女性が気になるカフェイン量について

ウーロン茶 カフェイン
黒ウーロン茶の効果や効能といえば、中性脂肪の数値を改善してくれるところです。黒ウーロン茶で便秘になることを心配する人も中にはいますが、そうしたことはほとんどなく、むしろ便秘を改善してくれます。

スポンサーリンク

黒ウーロン茶の効果や効能は?

黒烏龍茶の副作用
黒ウーロン茶には、脂肪の吸収を抑える重合ポリフェノールがたっぷり配合されているので、普通の烏龍茶に含まれるポリフェノールよりも効果は高いのです。もちろん脂肪の吸収を抑える効果以外にも、たくさんの効果があります。

黒ウーロン茶には、高血圧予防し、ストレス解消、がん細胞の抑制、虫歯予防、口臭予防などの効能があり、アトピー性皮膚炎にも効果があります。また、カフェインの効果により、利尿作用と疲労回復効果があり、カテキンの効果で、がん予防や血圧上昇を抑えたり、抗菌及び抗ウイルス作用があります。

さらに、テアニンの効果で、リラクゼーション効果とストレス解消効果があります。そしてポリフェノールの効果により、肥満防止や虫歯予防、アトピーの改善効果があります。タンニンの効果もあるので、抗酸化作用と下痢の予防もできます。

黒烏龍茶がダイエットにオススメな理由は?

黒烏龍茶とは、烏龍茶の脂肪を抑える効果をさらに強化したものです。ダイエットにオススメな理由をご紹介します。

・体内への脂肪吸収を抑える効果

黒烏龍茶のダイエット効果
食事と共に黒烏龍茶を飲むことによって、脂肪吸収を抑える効果があります。血液に含まれる中性脂肪は、食事を取った後に増加していき4時間後にピークに達します。しかし食事と同時に黒烏龍茶を飲むことにより、血液中の中性脂肪の上昇を20%抑制することが出来ます。お肉や揚げ物など脂の多い食事を召し上がっていた場合に黒烏龍茶を飲むと、カナリの効果が期待できます。

・脂肪を体外に排出する作用

脂肪の排出量
黒烏龍茶を毎食時に飲むと、脂肪の排出量が2倍に増えたという調査データもあるようです。食事の都度、黒烏龍茶を飲むことにより脂肪が体外に排出されるため、痩せやすい体質になることができるようです。最も効果的な方法は、食事の時に黒烏龍茶を飲み、エクササイズや運動・ストレッチを同時に行うことです。

・身体に脂肪が付きにくくなる

脂肪のない体
実際の研究結果でも食事の度に黒烏龍茶を飲み続けることにより、ウエストや体重が減るという結果が出ているようです。脂肪が身体の外に排出され、脂肪が体内に吸収されづらくなることによって、身体が痩せていくということです。

黒烏龍茶を飲んでいるからと言って確実に減量していくというわけではありませんが、他の飲み物を飲んでいるよりも効果は出やすいので、ぜひ取り入れてみてください♩

黒烏龍茶の飲み方や摂取量について

黒烏龍茶の飲み方
食事と同時に黒烏龍茶を飲むことによってダイエット効果があることはわかりました。それでは、どれくらい黒烏龍茶を飲むことにってダイエット効果が出るのでしょうか。

黒烏龍茶は1回の食事で350ml飲むことをオススメします。回数としては、ランチや夕食などの脂肪分やカロリーが多い食事のタイミングで、1日2回ほど飲むことがオススメです。しかし黒烏龍茶は薬ではないので、ご自身のタイミングで召し上がることをオススメします。

黒烏龍茶のカフェイン量について

黒烏龍茶 効能
黒ウーロン茶のカフェイン量は、特に問題ありません。含まれているカフェインについても入ってますが、100ml中に20mg程度なので心配はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする