凍頂烏龍茶の効能とは?カフェインや副作用も重要!

凍頂烏龍茶の効能

凍頂烏龍茶といえば、すっきりと爽やかな味で、夏にぴったりなおすすめのお茶です。台湾では人気の高いお茶ですが、最近は日本でも人気になりつつあります。

スポンサーリンク

凍頂烏龍茶の効能は?

凍頂烏龍茶 副作用

凍頂烏龍茶の効能は、メチル化カテキンが含有されているので、抗アレルギー、抗ガン作用が期待できます。メチル化カテキンは、一般的な緑茶には含まれていません。

メチル化カテキンが体内に摂取されると、IgE抗体を抑えることができるので、アレルギー症状の辛いくしゃみや鼻水を抑えることができます。スギ花粉やブタクサ花粉など辛い花粉症で悩んでいる人は、凍頂烏龍茶を飲むと緩和させることができます。



カフェインや副作用について

凍頂烏龍茶にはカフェインが含まれていて、覚醒作用と中毒性があるので、摂りすぎは控えた方がよいです。ただし、カフェインの量は緑茶や紅茶よりも少なくいので、それほど心配はありません。カフェインを控えたい場合は水出しで飲むとよいです。

凍頂烏龍茶の副作用は特にないのですが、花粉症の効果については、症状が軽くなる人もいれば、身体に合わない人もいます。気休めのつもりで飲んでみて、調子が良ければ続けるという感じで飲むことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする