カテキン緑茶の副作用や効果、味について

カテキン緑茶の効果

カテキン緑茶の味については、好みのわかれるところです。カテキンには苦渋味があるからです。ただ、緑茶の味がベースになっているので飲みやすくはなっています。後半では、効果や副作用についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

カテキン緑茶の効果は?

カテキンの副作用

緑茶は昔から健康によいと言われていますが、それは緑茶に含まれる【カテキン】にあります。カテキンは体によく、殺菌効果があります。強力な抗酸化作用があるので、活性酸素を除去する働きがあるんですよ。

また、緑茶に含まれるカテキンには 血糖値を緩やかにする働きがあるので、食前、食中、食後に飲むことでダイエットが可能になります。緑茶カテキンは、脂肪の吸収を抑え、糖質や脂質をエネルギーに変えてくれるので、運動を取り入れれば、効率のよいダイエットができます。

カテキンの副作用について

緑茶 ダイエット

カテキン緑茶の副作用については、特にはありません。ただし緑茶にはカテキンとカフェインが多く含まれているので、人によっては、「カフェイン過敏症」や「カフェイン中毒症」になることがあります。

カフェイン過敏症の場合、動悸やめまい、吐き気、悪心などが起こる可能性があるので、注意してくださいね。カフェイン中毒症の場合は、胃痛や胸やけなどの症状や、不安感などが出ることがあります。始めからたくさん飲むのではなく、少し飲んでみて 様子を見てから少しずつ量を増やしていくようにすると安心です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする