タンポポ茶の効果効能は?飲み過ぎるとダメなの?

タンポポ茶

春が近づくと歩道や空き地に黄色い花を咲かせるタンポポが見られるようになりますね。鮮やかな黄色い花をみるとなんだか清々しい気持ちになります。

そんな可愛らしいタンポポ、実は色々体にいい効果や効能がありますよ。一体、どんないいことがあるのでしょうか?ここでは、タンポポからできるタンポポ茶の効果や効能についてご紹介します。

スポンサーリンク

タンポポ茶の効果・効能とは?

タンポポ茶の効果
画像引用元:http://lettre-du-nature.com/archives/751

タンポポは、日本全国のみならず、世界中に広く分布しています。そのタンポポから作られたタンポポ茶には、特に女性に嬉しい効果・効能が色々あります。ホルモンのバランスを整え、分泌や促進を行う効能があるので、生理不順の解消や冷え性、むくみ、便秘の改善などが期待できる効能としてあげられます。

理由は、利尿作用があること、毛細血管中の血液を循環させるのを促進する作用があることにより血行を改善すること、穏やかに排便を促す作用があることがタンポポの成分に含まれることにあります。

タンポポ茶 通販
画像引用元:http://durumluyorum.com/archives/293

また、女性だけではない嬉しい効能もありました。発毛、育毛作用がタンポポ茶にはあるという研究結果がツムラ・ライフサイエンスから発表されたようです。これは男性にも嬉しい効能ですね!みんなに嬉しいタンポポ茶をぜひ始めてみませんか♪

妊婦さんや妊活中の方にもオススメ

妊娠中 カフェイン
画像引用元:https://192abc.com/55809

タンポポ茶は特に女性に嬉しい効能があるとお話ししましたが、それは妊婦さんや妊活中の方にもお勧めできる効能があるからです。妊婦さんや赤ちゃんがいらっしゃる女性には、母乳の出が良くなる、母乳の質があがるという効能があります。

タンポポ茶にはカフェインが含まれておらず、妊婦さんや授乳中の女性には最適な飲み物です。水では味気ないでも紅茶やコーヒー、緑茶にもカフェインは含まれています。

授乳中には水分を多めに摂取するほうが母乳の出がよくなりますので、血行も良くする成分の含まれたタンポポ茶を摂取することで母乳の質と量を増やすことができます。また妊活中の方には、女性ホルモンのエストロゲンを増加させる作用があるタンポポ茶を継続して摂取することで、妊娠しやすい体へと体質改善していく作用があります。

タンポポ茶の作り方はこちら

タンポポ茶の作り方
画像引用元:http://www.tannpopotya.com/

そのタンポポ茶の作り方ですが、収穫したタンポポの根を使用します。

タンポポを収穫したら、根っこ部分の土を綺麗に洗い流し、よく乾燥させます。よく乾燥したらそのタンポポの根を焙煎します。熱が取れたらミキサーなどで細かく粉砕します。

すると出来上がりです。美味しく頂くことができます♪

飲み過ぎたときの副作用は?

副作用 飲みすぎ
画像引用元:http://www.skincare-univ.com/article/011404/

タンポポ茶に含まれる成分には利尿作用があるとお話ししましたが、そのため飲み過ぎた場合は頻尿になります。また緩下作用もあるので、お腹を壊したりという可能性もあります。なので、いくら体にいいからと言っても飲み過ぎには注意が必要です。

女性に嬉しい効能がたっぷりのタンポポ茶ですが、自分で作るには結構時間や手間がかかりそうですね。今はドラッグストアや通信販売でも手軽に購入できるので、そちらを利用してタンポポ茶を手に入れると手軽で便利ですよ♩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする